英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

 

 

こんにちは! アクティブ石田です。

 

この記事を書いている2020年5月21日時点では、まだ9月入学については「前広に検討中」という首相発言以降、具体的な決定事項の発表はありません。

 

ありませんが、これがもしも本当に今年の9月から9月入学制が導入されたときのことを、民間の教育機関として考えていきたいと思っています。

 

まあ、一言でいえば「ひゃーーー、大変!」ということです トホホ。。。

 

「教室運営について」の記事(24件)

(青いもみじ。結構これはこれで綺麗だと思いませんか?)

 

こんにちは。

 

今日は久しぶりに教室運営についてのTIPS、生徒集客について、お話をしようと思います。

 

 

当然のことですが、生徒はいきなり向こうからやってきて、すぐに入会・入塾をしてくれるわけではありません。

 

(評判が評判を呼んで、勝手に人が増えすぎて困る~~、みたいのが理想ではありますが。少なくとも、私の場合は、現実はそう上手くいかないよな、、、って感じです。)

 

 

そこで、なんとかして生徒が自教室に通ってくれるように色々な施策をとる必要が出てきます。

 

効果的な施策作りのために、まずは、生徒が入会までにたどる道筋をおさらいしてみたいと思います。

 

Sep 05, 2019 |  257 | 

(夏ーって感じですよね。ああ、海に行きたいなー)

 

※※※※※※※

このブログは英語の先生や英語教室・個人塾の運営者さんに役に立つ情報をお届けすべく、週1回のペースで記事をupしています。ぜひ定期訪問お願いします!

※※※※※※※

 

こんにちは!

 

今日は「個人塾や家庭教師で学ぶ場合の適した1コマ当りの時間は?」というテーマで考えてみたいと思います。

 

それというのも、たまたま目にした相談掲示板で、以下のような相談があったからです。

 

「小3の子供に家庭教師をつけることを検討しています。週1回1時間とすると相場の費用はいくらぐらいか」

 

 

で、これに対する回答がいくつかあって、料金については個人契約か業者を通すか。

 

 

また、地域や講師ステータス(プロ講師か学生講師か、学生でもランク有)などによってまちまちでした。

 

ただし、ここで面白かったのは、金額はまちまちだったにも関わらず共通して指摘されていたのが、

 

「1日1時間では何もできない」

 

「塾でも最低2時間は枠があるので、1時間だと引き受け手を探すのは困難かも」

 

「週1回1時間程度家庭教師が来ても学習習慣は身につかない」

 

・・・・というような内容でした。

 

(上記3つはそれぞれ別々の方、3人の回答です)

 

 

アクティブ英会話では、1コマは40分~120分までと幅がありますが、最も生徒数が多い基本のコースは、上記で皆さんに「それじゃ不足」と指摘されていた【週1回・60分】なのです。

 

運営者としては、それじゃ足りない!何もできない!! と言われてしまったようで、非常に気になってしまいました。

 

 

Aug 22, 2019 |  1761 | 

 

※※※※※※※

このブログは英語の先生や英語教室・個人塾の運営者さんに役に立つ情報をお届けすべく、週2回のペースで記事をupしています。ぜひ定期訪問お願いします!

※※※※※※※

 

この記事はシリーズものです。 

(学習塾と英語教室の生徒集客についてのシリーズ第4弾です)

 

宜しければ こちらの「その1」 からご覧ください!

 

今日は、「自分の生徒像」をあえて狭めて考えてみよう!というご提案です。

マーケティング用語では「ペルソナ設定」と言ったりもしますが、教室の主役となる、子どもたち・生徒たちについて、まずはしっかりと定めてみてください!

 

Jul 25, 2019 |  407 | 

(相変わらずスイーツ食べまくり。ロカボ実践中のはずだったんですが・・・)

 

※※※※※※※

このブログは英語の先生や英語教室・個人塾の運営者さんに役に立つ情報をお届けすべく、週2回のペースで記事をupしています。ぜひ定期訪問お願いします!

※※※※※※※

 

 

今日も、英会話教室&個人塾の運営者の方に向けた教室運営についての記事を書きます。

 

年は取りたくないなあ・・・・・。

 

なんていきなりボヤキから始まってしまいましたが、これは何も、

「しみとくすみが気になって・・・」

とか

「疲れやすくなった」

とかいう話ではなくって。

 

(いや、それも気になりますが(^^;)

 

 

年を取るごとに、新しいことを学ぶ姿勢、吸収していこうという熱意が失われていく、という悲しい事実です。

 

Jul 16, 2019 |  282 | 

※※※※※※※

このブログは英語の先生や英語教室・個人塾の運営者さんに役に立つ情報をお届けすべく、週2回のペースで記事をupしています。ぜひ定期訪問お願いします!

※※※※※※※

 

大きな会社や学校などでは、たいてい「社訓」だったり「教育理念」がありますよね。

 

立派すぎる理念は、正直、下々の私たち?には届きにくいものですが、例えば有名な宝塚歌劇団の「清く、正しく、美しく」なんていうフレーズは語呂も良くて覚えやすく、なによりタカラヅカの特長を上手に出しています。

 

先日は、「教育理念」ならぬ「塾訓=塾の教育理念」を拝読する機会がありまして、こちらも、アイディアが面白いなあ・・・・と思いました。

 

Jul 09, 2019 |  385 | 

子供英会話の先生になってみませんか?

時間講師(家庭教師スタイルの英語・英会話講師)を随時募集中!