英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

too earlyとtoo soon。どちらも「早すぎる」という訳になりますが。

 

 

 

アクティブの石田です。 こんにちは!

 

さて、今日は日本語にするとどちらも「早すぎる」と訳される二つの言い回しについてご紹介します。

 

まず一つ目は too early 

 

 

early という単語は「時間的」または「時期的に」早く、とか初期に、初めごろにという意味がありますよね。

 

例えばこんな感じ。

 early in September  → 9月の初め頃

 get up early → 早く起きる

 at an early era → 初期の時代に

 

そして、too early と言うときには予定していた時間・時期よりも早すぎる、という意味で使います。

「before the scheduled time」のときに使うということです。

 

 I arrived Tokyo too early. → 東京に早く着きすぎた

 It is too early to say.  → 明言するには早すぎる

 

といった具合です。

 

これに対して、too soon というのは、タイミング的にまだ「早すぎる」という場合に使います。

「before the best possible time」です。

 

例えば、あと30分でお店がCloseするよ、と言われたときなどに

 That’s too soon.  (えー、早すぎる!)

 

と言います。ここでは「That’s too early.」にはならないんですね。

 

ちょっと難しい言い回しの違いですが、ご理解頂けましたでしょうか?

 

またほかにも紛らわしい言い回しを思いついたら記事にしてみたいと思います!

 

ちなみに・・・・・この記事のイメージ画像にイチョウ並木を使ったのはわざとです!これは9月に使うにはtoo soonでした笑

Sep 17, 2020 |  168 | 

子供英会話の先生になってみませんか?

時間講師(家庭教師スタイルの英語・英会話講師)を随時募集中!