英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

Sit upって何?!Stand up / Sit downだけが正解じゃないですよね。

 

 

アクティブの石田です。 とうとう9月に入ってしまいましたね。

 

なんだか今年はコロナの影響で「きちんとした夏」を逃してしまったみたい・・・・。

 

ですが、そんな風にぼやいていても仕方がありません。前を向いてシャキッとしなければ!!

 

 

なーんて、ちょっと強引でしたが、この「シャキッと」が今回の記事のタイトルにあったSit Upにつながります。

 

 

 

いまどきでは、小学校でも英語の授業が始まっていますから、小学生であれば、教室内でも声を掛けられて覚えている熟語が「Stand up」と「Sit down」だと思います。

 

ですが、立ってください、イコールStand up。 座ってください、イコールSit down。と意味も分からず覚えていると、

 

「Sit up??」何それ、間違ってる。

 

ということになってしまいます。

 

もともと、UPというのは矢印の上向き(↑)というイメージを示す言葉。DOWNは矢印の下向き(↓)をイメージする言葉ですよね。

 

ですから、たいていの場合には「立ち上がる動作」は上向きだし、「座る動作」は下向きで正解ではあります。

 

 

でも、例えば、だらーーんとソファで横になっているようなときに、

 

「きちんと姿勢を正しなさい(座り直しなさい)」みたいなときには、

 

「Sit up!」

 

が正解の言い回しになるんですよ!

 

そうです! 冒頭の「しゃきっとしなければ」というようなときも、「Sit up」とか「Sit up straight」と言ったりします。

 

あるいは、他人に活を入れたりするときには

 

make someone sit up

 

と言ったりもしますよ。

 

 

英語を覚えるときには「熟語」を覚えることが重要ですが、熟語というのはもともと日本語との対比で日本人が作り出した?もの。

 

そもそもの前置詞の意味やイメージを捉えておくと、理解がしやすいと思うのでおすすめです!

Sep 02, 2020 |  87 | 

子供英会話の先生になってみませんか?

時間講師(家庭教師スタイルの英語・英会話講師)を随時募集中!