フォニックスの指導方法

フォニックスの指導方法1  ~フォニックスの導入~

フォニックス入門

  

フォニックスとは何か?

フォニックスとは、英語の「音」を「文字」に結びつけるためのルールのことで、英単語のスペルと発音の関係を規則化して教える教授法のことです。

フォニックスを習得することによって、既に認知済みの言葉を読めるようになり、日本語での意味の理解を容易にすることができます。

また、別の効能として、意味を全く知らない単語でも、読めるようになることによって文章の音読に繋がり、必ずしも明確な日本語での意味の理解を伴わなくても歌の歌詞を読んだり、詩を読んで英語らしい韻を含んだ文章のリーディングを可能にします。

実は最終的には後者の方が重要で、音声教材が充実している今日の状況であっても、自力で未知の単語を読むことが出来る、という能力を養うことによって、各種試験に役立つことはもちろん、単語の類推能力を高めてくれます。

段階的に接頭語や接尾語の意味を理解したうえで、発音記号の習得などの助けが加わると、英語のリーディング能力は飛躍的に向上していきます。

近年では、多くの英会話教室でもこのフォニックスを取り入れて子供への英会話指導を行っていますが、ここでは、フォニックスを子供たちに教えるメリットやコツなどについてご紹介します。


アルファベットは母音と子音に分かれています

アルファベットはご存知のように母音 vowels と子音 consonants に分かれます。

vowels は a e i o u の5文字、 consonants は左記5文字以外の21文字です。 

注意点としては、w と y は、時々母音の代わりをすることがあるということです。

たとえば、cry や fry など子音字の後の y は母音となり、yes young など母音字の前では子音の働きをするなど、指導する際注意が必要なことがあります。
その他、queen quick の u は u = w と発音するというルールは、フォニックスを知らなくても何となく皆さんもご存知ですよね。

フォニックスを指導する際には、母音と子音について、まずしっかりと理解・認識をする必要があります。


フォニックスを導入していく順番のおすすめ

次に、フォニックスを指導する順番についてのご提案です。もちろん、必ずしもこの順番通りでなくても生徒に合わせてチョイスして頂ければ良いのですが、自身の経験として教えやすくかつ生徒にとっても理解しやすい順番ということでご紹介します。

まず一番初めに子供たちに覚えてほしいのは、アルファベット・サウンドです。

特に、初めて英語に触れる生徒さんには、alphabet nameと alphabet soundを同時進行で教えると良いと思います。

alphabet name : アルファベットの名前、 エイ、ビー、スィ・・・

alphabet sound : アルファベットの音、アッ、ブッ、ク・・・

次に教えておいてほしいのが、子音です。フォニックスルールの例外がほとんどないので、指導もしやすいし、学ぶ方も理解しやすいです。

ところで、日本の小学校では中学年でローマ字を学びますね。

ローマ字を知っている子供のほうがアルファベットを達者に読むことが出来るため、指導もしやすいような気がします。

しかし、日本語は全て母音のみか子音と母音の組み合わせになっているため、ローマ字を習うことによって、子音だけの音の理解が難しくなる、という弊害が出てきてしまいます。

そこで、可能ならば、例外の少ない子音は是非小学校でローマ字を学ぶ前に導入してみて下さい。

子音が終わったら、短母音 → その他、silent [e] や二重母音等のルール の順番に指導していくと、徐々に理解が深まっていって良いでしょう。


フォニックスは、あくまでも英語を学ぶツールの一つです

 

上記でご案内した指導順については、あくまでも個人的な指導経験からの提案ですので、生徒の興味・理解度・講師の指導の中でのフォニックスの位置付け・教えやすさなどからおのずと指導方法は変わってくると思います。

生徒もリスニングが得意な子供(先天的に耳の良い子や音感が良い子、発話が好きな積極的な子など)もいれば、耳や鼻に持病があったり発話が苦手な子供など様々で習得にも個人差がありますので、取り入れ方にも注意を払い英語のレッスン自体が苦痛になることのないようにして下さい。

あくまでも英語を学ぶツールの一つですので、ゲームに取り入れたりしながら英語を読むことができたという達成感を味わっていただけるように楽しんでフォニックスを活用して頂きたいと思います。

次に、具体的なアルファベット・サウンド、子音、短母音等の指導の方法についてもご案内しますので、宜しければ合わせてご覧ください。


 → フォニックスの指導方法2 ~フォニックスの指導と活用~

 

<div class="sidebar"> <aside class="sidebar-widget widget-ads"> <div class="call-to-action2 text-center" > <h5 class="green2"><strong>子供英会話の先生になってみませんか?</strong></h5> <p class="small2 mb-20">オンライン講師と時間講師(家庭教師スタイル)を募集しています。</p> <div class="subscribe"> <a class="btn-green" href="https://www.active-teachers.net/entry_form.html"><strong>オンライン仮登録</strong></a> </div> </div> </aside> <aside class="sidebar-widget widget-ads"> <ul class=" text-center"> <li style="margin-bottom:20px;"><a href="https://www.active-kids.net/" target="_blank"><img src="https://www.active-teachers.net/wp-content/themes/wp-active-teachers/img/bnr/bnr_active.png" alt="#" /></a></li> <li style="margin-bottom:20px;"><a href="https://www.active-eikaiwa.net/" target="_blank"><img src="https://www.active-teachers.net/wp-content/themes/wp-active-teachers/img/bnr/bnr_active02.png" alt="#" /></a></li> <li style="margin-bottom:20px;"><a href="https://www.sma-world.com/" target="_blank"><img src="https://www.active-teachers.net/wp-content/themes/wp-active-teachers/img/bnr/bnr_sw_s.gif" alt="#" /></a></li> <li style="margin-bottom:20px;"><a href="https://www.active-teachers.net/admin2.html"><img src="https://www.active-teachers.net/wp-content/themes/wp-active-teachers/img/bnr/btn_recruit.png" alt="#" /></a></li> <li style="margin-bottom:20px;"><a href="https://www.active-teachers.net/briefing.html"><img src="https://www.active-teachers.net/wp-content/themes/wp-active-teachers/img/bnr/btn_toroku.png" alt="#" /></a></li> <li style="margin-bottom:20px;"><a href="https://www.active-teachers.net/admin3.html"><img src="https://www.active-teachers.net/wp-content/themes/wp-active-teachers/img/bnr/btn_download.png" alt="#" /></a></li> <li style="margin-bottom:20px;"><a href="https://www.active-teachers.net/material.html"><img src="https://www.active-teachers.net/wp-content/themes/wp-active-teachers/img/bnr/bnr_originalitem.gif" alt="#" /></a></li> <li style="margin-bottom:20px;"><a href="https://www.active-teachers.net/workshop.html"><img src="https://www.active-teachers.net/wp-content/themes/wp-active-teachers/img/bnr/bnr_workshop.png" alt="#" /></a></li> </ul> </aside> </div>