英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

シリーズ4回目、個人塾と英語教室の集客法

 

※※※※※※※

このブログは英語の先生や英語教室・個人塾の運営者さんに役に立つ情報をお届けすべく、週2回のペースで記事をupしています。ぜひ定期訪問お願いします!

※※※※※※※

 

この記事はシリーズものです。 

(学習塾と英語教室の生徒集客についてのシリーズ第4弾です)

 

宜しければ こちらの「その1」 からご覧ください!

 

今日は、「自分の生徒像」をあえて狭めて考えてみよう!というご提案です。

マーケティング用語では「ペルソナ設定」と言ったりもしますが、教室の主役となる、子どもたち・生徒たちについて、まずはしっかりと定めてみてください!

 

 

学習塾・子供英語教室の生徒集客TIPSその4は、以下。

 

生徒像を具体的にイメージしよう。

 

自分の教室・塾としてのコンセプトが固まったら、次は、そこに通う生徒たちにフォーカスをあてて考えていきましょう♪

 

といっても、難しく考える必要はなく、つまりは、

 

「どんな生徒に来てほしいのかな~」

 

ということを具体的にイメージしてみればOKですね。

 

 

教室に来る目的はもちろん、生徒やその家庭の生活スタイル・保護者の職業・地域住民の特長などのバックグラウンドまで含めて、こまかくイメージをしてくださいね。

 

 

思い切ってターゲットを絞るのが成功の近道です!

今は、

 

「幼児から大人まで」「熱心派も、お気軽派も」

 

・・・・・といった何でも屋さんには、人気が集まらない時代です。

 

え?そんなこと言っても、個人商店はつぶれて総合ショッピングモールが大流行りの時代じゃない?!と思われる方もいるかもしれませんが、こと、子どもの教育業に関して言えば、

 

「みんなに人気」よりも、

 

「うちの子にぴったり」

 

というキーワードが好まれてきているんです!

 

みんなが行っている塾ではなく、自分の(自分の子供の)ニーズにぴったりと応えてくれる教室を探している、と言っても良いと思います。

 

これはオンラインショップでも同じ現象で、情報過多な時代になればなるほど、ターゲットを絞った品揃えをしている専門店が、強みを発揮します。

 

もちろん、amazonほどの大手であれば別ですが、中小の個人塾・小さな英語教室であれば、

 

「だれでもウェルカム」よりは、

 

「うちの教室はこんな人向けです」

 

の方がいいのですね!

 

ターゲットを絞るということは、せっかく来てくれそうな人たちに声掛けを辞めてしまう、ということになるので、最初は勇気のいることかもしれません。

 

でも、ここはエイヤっと勇気を振り絞って、売れ行きの少ない年齢層やレッスンクラスなどを、思い切って外してみてください!

 

例えば大人クラスを看板から外したからって、一生、一般英会話を教えることが出来ないわけではありません。

 

リクエストが来たら、そのときにはもちろん喜んで、それにお応えすればいいだけです♪

 

・・・・さあ、あなたのお教室はどんな強みがありましたでしょうか?

「英語の本の音読重視」

 

「ネイティブの質にこだわり」

 

「英検1級塾」

 

英語以外ならば・・・

 

「平均点●点アップ」

 

「計算力の徹底強化」

 

「通い放題」

 

上記のキャッチフレーズに響いて、反応をしてくれそうな生徒って、どんな生徒、どんなご家庭のお子さんでしょうか??

そんなところから、イメージを具体的にしていくと良いかもしれませんね。

イメージしたあとの効果や行動についてはまた次回です!

いいね! 0人に「いいね!」されています。
読み込み中...

Jul 25, 2019 |  29 | 

子供英会話の先生になってみませんか?

時間講師(家庭教師スタイルの英語・英会話講師)を随時募集中!