英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

まずは、地域に教室の存在を知ってもらいましょう!

(一面の花畑。キレイですよねー♪)

 

前回、生徒が英語教室や個人塾に入会するまでにたどる行動について、5ステップに分けてご紹介をしました。

 

覚えていらっしゃいますか?

 

 

【ステップ1】 スクールの存在を知ってもらう

【ステップ2】 来てみたいと思ってもらう

【ステップ3】 連絡を取ってもらう

【ステップ4】 来てもらう(体験や見学)

【ステップ5】 入会・入塾

 

でしたね!

 

今回は、前回お伝えした「入会までの5ステップ」の、ステップ1だった部分。

 

「スクールの存在を知ってもらう」

 

についてお話しします。

 

 

 

生徒の募集活動でもっとも有力で効果的な方法は、なんといっても口コミ、ですよね。

 

英語教室や学習塾など、子供向けのビジネスの場合には特に、口コミは重要な広報になってきます。

 

 

わたしも親だから分かりますが、子供は行動範囲が狭いですので、まずは近隣で、だれかお友達が通っているところ、評判を聞けるところ・・・という感じでまず動いていくんですよね。

 

ですので、口コミをしてもらう大前提として、まずは地域の人に教室のことを認知してもらう、ということがとっても大切になってきます。

 

ネット社会の現代では、テレビも含め、いわゆる広告・宣伝の効果は減少してきています。

 

新聞を購読している家庭も減ってきて、折り込みチラシも量が減ったような気がします。

 

(相変わらず大手塾のチラシは毎週のように入っていますが・・・)

 

 

でも、代わりにTwitterやInstagram、LineなどのSNSを利用する人は増えてきています。

 

「みんなが良いと言っている」

 

ということを判断基準に、商品やサービスを選ぶようになったんですね。

 

 

子供向けの習い事であれば、特にその傾向は顕著です。

 

情報発信は、気長に。辞めずに。

 

スクールの存在を知ってもらうために、小規模スクールは何ができるでしょうか。

 

まずは、教室というのが、地域コミュニティ・ビジネスなのだということを肝に銘じること。

 

そして、地域の人々が集まるイベントには積極的に参加して、地元の人脈を広げると、非常に有利に広報が出来るようになります。

 

 

地域の人に、教室の存在を認めてもらい、地域にうまく溶け込めるように努力をしてください。

 

よく政治家が、色々な町内イベントに出たり、学校行事にも参加したがるのはそういうことですよ。

 

なにはともあれ、まずは教室の存在をお住いの小学校区内の人たちを中心にして、知ってもらうという取り組みをしてみてくださいね!

 

 

ところで、

 

「何より効果があるのは口コミ」

 

というのは確かにそうですが、口コミが効いてくるのは、ある程度スクールが軌道に乗って、口コミをしてくれる生徒数が一定以上になってからですね。

 

では、開校してすぐなど、口コミにはまだまだ頼れない、という場合にはどうしたら良いのでしょうか。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

答えは、

 

「とにかくいろいろ試してみる」です。 あ、拍子抜けしました?

 

ホームページ、ブログ、チラシの制作など、最低でも行うべき広報活動は全カバーできていますか。

 

その他、FacebookやTwitter、InstagramやLine@での情報発信もメジャーになってきましたよね。

 

・・・・でも。もちろん、言うは易しだけど・・・・ということも分かっています。

 

全部を取り入れて実行、さらに継続する、っていうのは本当に難しいですよね。

 

特に、数少ない講師が運営と生徒指導を一手に引き受けているような、小規模スクールであればあるほど、

 

「ブログの記事に頭を悩ませる暇があれば、生徒のために授業の予習をしたい」

 

と考えるのももっともなことです。

 

 

嫌にならない情報発信なら、続けられる。

 

そこで、私がおすすめするのは、

 

「いろいろ試してみて、自分に合っている方法や、苦になりにくい広報手段」

 

を絞って、それについては辞めてしまわずに継続していく、ということです。

 

例えば、文章を書くのが好きならば、ブログを毎日アップして教室の様子を知らせる。

 

写真が好きならば、授業の様子をこまめに撮影してTwitterやInstagram等でアップする。

 

ランニングが趣味ならば、毎月〇枚、と決めてジョギングがてらチラシのポスティングを行う、などです。

 

 

次回は、そういった生徒の募集ツールを一つ一つ取り上げて、その特性や特長についてお伝えしていきたいと思います。

 

また再来週にお会いしましょう!!

Sep 12, 2019 |  8 | 

子供英会話の先生になってみませんか?

時間講師(家庭教師スタイルの英語・英会話講師)を随時募集中!