英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

英会話講師お役立ち!Hide and Seekのアクティビティ

 

 

皆様、こんにちは。

 

子供向けの英会話レッスンで、講師が取り入れているゲームやアクティビティをご紹介するシリーズの第1回目から、しばらく間が空いてしまってごめんなさい!

 

 

今日はその第2回目。Hide and Seek のアクティビティをご紹介します。

 

このアクティビティは、場所を示す前置詞(preposition)の使い方を練習する時に行います。

 

今日はカードを使ったやり方で説明をしていきますね!

 

 

 

まずは生徒に、picture cardを見せます。

 

前置詞の勉強が今日のメインとなるので、ここで使うカードはすでに生徒が知っている単語(名詞)を使うのがよいでしょう。

 

生徒にカードが何かを確認してもらったら、

 

Close your eyes. Don’t take a peek.

 

等と言って、目を開けないように促します。

 

そして1から10まで数えながら、その間に、カードをどこかに隠します。

 

さて、今日は場所を示す前置詞を取り入れるので、生徒のレベルに合わせてon, under, above, behindなどが使える場所に隠しましょう!

 

隠し終わったら、

 

Now, you can open your eyes.

「Where is~?」

 

と質問し

 

「It’s on/ under/ above / behindなど~」

 

と答えさせます。

 

生徒のレベルによって、1回のレッスンで行う前置詞の数は調整しながら進めましょう。

 

実際に動いて場所を確かめることで、テキスト上では掴みにくい前置詞の場所のイメージも、3Dの世界で体験することで、理解しやすくなります。

 

 

これからの時期ですと、クリスマスツリーが飾ってあるお宅などでは、クリスマスプレゼントはどこ?というテーマで、レッスンに取り入れても楽しいかも知れませんね!

 

それでは、また次回も読んで下さいね~!

Nov 28, 2019 |  18 | 

子供英会話の先生になってみませんか?

時間講師(家庭教師スタイルの英語・英会話講師)を随時募集中!