英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

could you > would you > will you > can you

(少しでも夏気分!)

 

 

※※※※※※※

このブログは英語の先生や英語教室・個人塾の運営者さんに役に立つ情報をお届けすべく、週2回のペースで記事をupしています。ぜひ定期訪問お願いします!

※※※※※※※

 

皆様、こんにちは。アクティブスタッフのHです。

 

 

英語を基礎から考えるシリーズ(英語で文法を考えるシリーズ)も第13弾となりました。

 

お読み頂き、ありがとうございます。

 

 

今日は、海外旅行でもその機会がよくある、人に物を頼む時の言い方を取り上げます。

 

飛行機の中やレストラン、お店などで、何かを人にお願いしたい時ってありますよね。

 

言い方によっては、とてもぶっきらぼうだったり、失礼な言い方をしているかも知れません。

 

 

 

 

少なくとも、相手を不快にしないような言い方を心がけたいですね。

 

 

 

では、今、あなたは、ホテルのフロントにいます。

係の人が、なんだか英語で説明してくれていますが、良く理解できません。

 

そこで、もう少しゆっくり話してくれないか頼みたいのですが、、、、。

 

さて、なんと言いましょうか。

 

 

Speak more slowly. 

 

これでももちろん、通じます。

でも、命令しちゃっていますね。

 

 

Speak more slowly, please. 

 

これで少し丁寧になりました。

 

お、こいつ、できるな、と思わせるには、どう答えればいいでしょうか。

 

 

まずは、Azarから、丁寧な要求の仕方について見てみましょう。

 

Polite Requests with ‘you.’

 

  1. Will you speak more slowly?

 

Would you speak more slowly?

The meaning of ‘will you’ and ‘would you’ in a polite request is the same.

 

‘Would you’ is often considered more polite. 

However, the degree of politeness is determined by the speaker’s tone of voice.

 

 

 

  1. Could you speak more slowly?

 

Basically, ‘could you’ and ‘would you’ have the same meaning, and are equally polite.

 

would you =Do you want to do this, please?

could you=Do you want to do this, please, and is it possible for you to do this?

 

 

 

 

  1. Can you speak more slowly?

 

‘Can you’ is often used more informally. 

It usually sounds less polite than ‘could you’ or ‘would you.’

 

 

と言うわけで、

 

丁寧さの度合いから言うと、

 

could you > would you > will you > can you

 

といった感じですね。

 

「もう少しゆっくり話してくれませんか?」をとても丁寧に言うと、

 

“Could you please speak more slowly? “

 

こんな感じで、could youにさらにpleaseを加えることで、

 

「恐れ入りますが、もう少しゆっくり話して頂けると大変ありがたいのですが、、、。」

 

のようなニュアンスになるんだと思います。

 

ただ、Azarの説明にもあるように、話し手の声のトーンで、丁寧にもぶっきらぼうにも響くので、言葉だけ丁寧でもダメ、ってことですね。

 

 

それでは、次回も読んで下さいね!

 

 

Jul 12, 2019 |  75 | 

子供英会話の先生になってみませんか?

時間講師(家庭教師スタイルの英語・英会話講師)を随時募集中!